未分類

私の便秘に玉ねぎさんは大活躍!今後はメカブに注目しています

更新日:

私は子供の頃から、母が心配するほどの便秘症でした。
それは今でもあまり変わらず少しでも油断をしたりすると、お通じがない日が有ったりします。
特に生理前は、それが顕著です。
お通じがコンスタントにある時はあまり気になりませんが、いざ便秘になってしまうと、なんとなーくおなかがはっているし、いつも履いているパンツのウエストがきつくなってきたり、明らかに今腸の中に詰まっていますよ!と自己主張をしていて、ポッコリとした状態になっていて気持ちが悪いです。
頑固な便秘の時は倒れてしまいそうなくらいにおならが臭かったりと、不快指数はうなぎのぼりです。
更にあまりにも頑固な便秘の時は、体の外に出すときも難産で本当に苦労します。
以前に規則正しい生活をしていた頃は生理前であっても、毎日きちんとお通じがあったのですが、働いているとなかなか難しいです。
忙しい生活をしていると、ついつい気を付けるのを忘れてしまいがちなのですが、便秘薬などを使わずできるだけ水分補給に気をつかいながら、食事で改善できるように努力をしています。
便秘に良いとさる乳酸菌系飲料をしばらくの間試してみましたが、私には効果はいまひとつでがっかりしました。
私にとっての救世主がわかってからは、便秘の時に積極的に食べる食品が幾つかあります。
野菜の玉ねぎと白菜、えのき茸にニンニクです。
特に玉ねぎは通年売られていますので、酢の物やサラダ、炒め物にスープなど幅広く利用します。
白菜が大活躍する場面は主に鍋の時で、お鍋の後は大抵お通じが快調になります。
ただ、漬物などでちょこっとつまむ程度では、あまり効果が期待できません。
えのき茸も蒸し物や汁物に入れるなどすると、カサが減ってワンパック程度でしたらペロリと食べられます。
にんにくは刺激物なのであまり食べ過ぎるお通じが良くなる、を通り越しておなかを下してしまうので、注意が必要。
野菜を多めにとるように日々の食事では気を付けていますが、それでも便秘になってしまったときは、いつも以上に積極的にメニューに取り入れるようにしています。
数日間の超頑固な便秘の時でも、私の場合は翌々日には開通します。
トイレから出てくると気分もおなかも、すっきりです。
先日私のおなかにやさしい食材を発見したのですが、メカブもおなかのお掃除に一役買ってくれそうです。
ちょっと食べ過ぎてしまっておなかが緩くなってしまったので、もしかしたら私の救世主様になってくれるかもと思っています。
期待しておりますぞ、メカブ様。

-未分類

Copyright© 便秘に効く食べ物は?食生活で改善する便秘対策 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.